問合せ 0120-181-398
名古屋の被害者側 専門弁護士 名古屋の被害者側 専門弁護士

なぜ弁護士に依頼すると、多くのケースで賠償金が劇的にあがるのか。

 交通事故賠償の世界では、弁護士に依頼すると示談交渉を任せることができるだけでなく、賠償額算定の基準が被害者にとって有利となり、多くのケースで賠償額が劇的にあがるということは、実はあまり知られていません。

 弁護士に頼むと弁護士費用がとても高いのではないか、かえって損になるのではないかと思う方も少なくないのではないかと思います。ですが、むちうちのような、比較的軽症といわれるケガでも(もちろんご本人の苦痛を考えると軽症とはいえないのですが)数百万円、ましてや重症になると数千万円、1億円以上あがることも珍しくないのです。
 
 これはなぜか。冒頭に弁護士に依頼することで賠償額算定の基準が被害者にとって有利となると書きました。交通事故の賠償金には自賠責保険基準と任意保険基準、裁判基準といわれる3つの基準が存在します。保険会社がはじめに提示してくる金額はほとんど自賠責保険基準によるものか、それに近い額ですが、これは1番低い基準です。そして裁判になった場合に基準とされる裁判基準は、原則としてその3つの中で最も高額となります。
 弁護士が関与すると裁判をすることが容易となりますので、保険会社に弁護士から交渉すると、保険会社は裁判基準に近い賠償金を出さざるを得なくなることが多いのです。

あなただけの交通事故事件解決へ向けて―――サポートは賠償金獲得だけではありません―――

 もちろん、賠償金の獲得は大事なことですが、あなたが望むものは、本当にそれだけでしょうか。
 交通事故被害のご経験が初めての方も少なくないですから、わからないことがわからない、という事態が 発生してもおかしくないですしむしろそれが普通なのではないでしょうか。

 そしてわからない不安を抱えている間に、保険会社から執拗な電話がかかってきたりなどして更に追い詰 められ、示談書にサインをしてしまいがちなのですが、サインをしてから覆すのはほとんど不可能ですから その前にぜひご相談ください。相談料は無料ですし、ご自身の保険に、あとでご説明する弁護士特約がつい ていれば、ほとんどのケースで弁護士費用はかかりません。
 交通事故に遭い、まず不安になることは、ご通院先である病院において十分な治療機会を保障してくれる のか、怪我によって仕事を休まざるを得ない場合にその給与を賠償してくれるのか、ということでしょう。

 また、後遺障害が残ってしまった場合には、その後遺障害等級を自賠責保険において認めてもらう手続きが必要となりますが、その等級 が本当に妥当なものか、周囲の方や様々なインターネット上の情報に触れるにつけ、ご不安になることでしょう。

 残念ながら残ってしまったケガや後遺症等、被害そのものの回復はできません。でも、獲得した賠償金や、補償が多ければ、その後の生 活にゆとりも生まれ、不便さを少しは補うこともできるでしょう。
 あなたのよりよいその後の生活のために、煩雑な計算も後遺障害等級認定のサポートも、被害に関する様々な手続き、交渉も、全ておまかせください。

 地元、名古屋をはじめとした愛知、東海地方の皆様のおひとりおひとりに、それぞれのよりよい解決があります。
弁護士法人サリュは、弁護士と専属のリーガルスタッフがおひとりおひとりのお気持ちによりそい、よりよい解決を目指します。

弁護士費用が0円になる保険特約

 自動車保険や火災保険、医療保険などには、弁護士費用特約と呼ばれる特約が付いている場合があります。これは、保険会社があなたのかわりに弁護士費用を負担してくれる特約です。その補償内容、条件などはその保険によって異なりますが、ほとんどの保険会社は300万円まで補償する内容となっています。これは、相当高額な賠償金の場合でないかぎり、全額補償される金額です。
 ご家族など、ご自身の保険でない場合も利用できる場合があります。もし、ご自身もしくはご家族の保険に弁護士費用特約がついていたら、お気軽にご相談ください。

なぜ交通事故について弁護士に依頼すると
多くのケースで賠償金が劇的にあがるのか

 弁護士に依頼すると、示談交渉を任せることができるだけでなく、賠償額算定の基準が被害者にとって有利となり、多くのケースで賠償額が劇的にあがるということは、実はあまり知られていません。

 弁護士に頼むと弁護士費用が高く、かえって損になるのではないかと思う方も少なくないのではないかと思います。
 ですが、むちうちのようなケガでも数百万円、重症だと数千万円、1億円以上あがることも珍しくないのです。
 
 これはなぜか。冒頭に弁護士に依頼することで賠償額算定の基準が被害者にとって有利となると書きました。交通事故の賠償金には3つの基準が存在します。保険会社がはじめに提示してくる金額はほとんど自賠責保険基準といわれる一番低い基準によるものか、それに近い額です。
 そしてその3つの中で原則として最も高額なのは裁判になった場合に基準とされる裁判基準です。
 弁護士が関与すると裁判をすることが容易となりますので、保険会社に弁護士から交渉すると、保険会社は裁判基準に近い賠償金を出さざるを得なくなることが多いのです。

 示談書にサインしてしまうとそれを覆すことは難しいですし、賠償金額を大きく左右する後遺障害等級認定をより獲得しやすくするためにも、なるべく早めのご相談をおすすめします。

あなただけの交通事故事件解決へ向けて
―サポートは賠償金獲得だけではありません―

 交通事故に遭うと、ご通院先の病院で、十分な治療機会を保障してくれるのか、怪我によって仕事を休まざるを得ない場合にその給与を賠償してくれるのか、また、後遺障害が残ってしまった場合にはその後の手続きや等級が妥当なのかなど、心配や不安を沢山おもちになると思います。
 名古屋をはじめとした愛知、東海地方の皆様のおひとりおひとりが、それぞれのよりよい解決をむかえることができるよう、弁護士法人サリュ名古屋事務所は、弁護士と専属のスタッフがおひとりおひとりのお気持ちによりそうチームでありたいと考えています。